テープエコー博物館

テープエコーやエフェクターの話題
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓自宅録音と自作楽器の紹介、録音機材、楽器の修理、DIY|自宅録音研究所と自作楽器研究所↓

テープエコー博物館 TOP > スポンサー広告> Danelectro > 鈴木バイオリン→(分裂)→木曽スズキ→ASAMA→キクタニなのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鈴木バイオリン→(分裂)→木曽スズキ→ASAMA→キクタニなのか?



我らがダンエレクトロのテープエコーシミュレーターです。ディレイのフィードバック音の荒れて行く感じなどは再現できていませんね。まあダンエレクトロ(安物メーカー)ですから、仕方ないでしょう。スラップディレイにして、ギターでロカビリーをやったりするにはいいんでないでしょうか。

ダンエレクトロと言えば変なギターや安物エフェクターで有名です。確かシアーズのギターはダンエレクトロ製だったはず。シアーズはアメリカの(安物)通信販売会社で、素人ギタリストが最初に買うのがこのシアーズギターであることが多かったようです。

日本で言えばトムソン(トーマス)でしょうか。私も一台目はトムソンのストラトでしたがほんとうにひどいものでした。トムソンは木曽ズズキの中のブランドだったようですが、記憶だけで書いてるのでさだかではありません。

よくわからない安物ブランドといえば、ASAMAというのがあるんですが、これはボンゴとギターを作ってたようです。そのボンゴを持ってますが、本当に使い物になりません。たぶん、ASAMAも木曽ズズキ関係なんじゃないかと睨んでますが、なにも検索しても出て来ません。すぐウチのブログが出てくると思いますw。

それでこのASAMAのボンゴが今のキクタニ(という中国製の安物メーカー)のやつとデザインが同じなんですよね。だから、鈴木バイオリン→(分裂)→木曽スズキ→ASAMA→キクタニという繋がりがあるんじゃないかと推理してるんですが、こんなにどうでもいい推理はこの世に他にありませんね。関心を持ってるのは私しかいないと思います。


Danelectro Reel Echo DTE-1(Tape Echo Simulator)
Danelectro "Reel Echo" sound sample.
Guitar:Fender USA Highway One Telecaster Upgrade
Amp:AC30 Amp Simulator(VOX ToneLab ST)

ダンエレクトロはギター、ベース、アンプ、エフェクターに特化したアメリカの楽器/アクセサリーメーカーである。

ネイサン・ダニエルにより1947年に設立され、1940年代を通してシアーズローバック社、モンゴメリー社のためにアンプを製造。1954年にはダンエレクトロブランドのソリッドボディ・エレクトリックギターおよびアンプの製造を開始。同時に下請けとしてダンエレクトロブランドではなく契約先の店舗ブランド(たとえばシルヴァーストーンやエアライン)のでのギター、アンプ製造も行った。

後のホローボディギター(コスト削減、工期短縮のためメゾナイトや合板で作られた)はシルヴァーストーンが栗色のヴィニールカヴァー、ダンエレクトロは軽いツイードのカヴァーという違いで区別され、双方ともデュアルピックアップモデルにはスタックタイプのトーン/ボリュームノブが使われ、また口紅のケースにメカニズムを詰め込むという発想による「リップスティック・ピックアップ」が使用された。これらのラインは、そこそこ高音質なギターを低価格で提供することを目指した実用的ギターである。

1956年には6弦エレクトリックベースを発表、これはフェンダーのベースVIをはじめ、他社にも追随された。6弦ベースの人気は特に実証されてはいないが、チックタックベースを実現する楽器としてニッチで持続的な需要をナッシュビルで得た。

1966年にダンエレクトロはMCAに売却された。翌年ホローボディーとエレクトリックシタールで知られるコーラルシリーズを発表した。

1969年、MCAの大規模百貨店への展開をやめ小規模楽器店での販売へ転換するという試みにより、ダンエレクトロの製造設備は閉鎖された。

1990年代後半、エヴェッツ社がシルヴァーストーンとダンエレクトロの古いギターのコピーと、新たに設計したコンパクトエフェクターおよび小型アンプの販売を開始した。
関連記事
[ 2013/10/02 00:24 ] Danelectro | TB(-) | CM(-)
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。