テープエコー博物館

テープエコーやエフェクターの話題
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓自宅録音と自作楽器の紹介、録音機材、楽器の修理、DIY|自宅録音研究所と自作楽器研究所↓

テープエコー博物館 TOP > Fender

Fenderのオイルカンエコーの動画がもうひとつありました



Fenderのオイルカンエコーの動画がもうひとつありました。素晴らしい気持ちいいエコー音ですね。しかし、すごいノイズが聞こえるんですが、これはオイルカンエコーから出てるんでしょうか。部屋のエアコンの音ならいいんですが、でも、オイルカンエコーから出そうですよね。

ちなみにアンプもまたすごいチープな古いものを使っていて、ダンエレクトロ製造のシルバートーンです。泣けて来ますね、こういうコレクターな生き方も楽しいかもしれません。


Fender Variable Delay Oil Can Echo Reverb Tel-Ray Adineko

Great working 1967-70 Fender Variable Delay. It is a Tube model Oilcan Delay Echo Reverb Guitar Effect. It acts as a superb tube preamp as well. Serviced earlier this year with new Ucon lb-65 oil, and belt. Sounds much stronger in person than on this cannon powershot camera. Used Telecaster plugged directly into Variable delay and into a Silvertone 1482 amp. For sale on eBay.
[ 2013/10/05 00:54 ] Fender | TB(-) | CM(-)

Fenderのオイルカンエコーです



Fenderのオイルカンエコーです。出たっという感じですよね。テープエコーの上を行く懐古的なのがオイルカンエコーです。なにしろ、テープエコーはテープが入っているということで、ああ、テープに録音して遅らせるんだなと、感覚的にわかりますからね。

でもこれなんかオイルカンですよ。油をぬった筒がくるくる回ってるんですよ。懐古心をくすぐりますよね。どう考えてもすぐ壊れるので実用性は全くないと思います。どうしてこれで音声が遅れるのか、説明を読んでも動物として理解できません。

音ですがワウフラッターがすごくてふらふらしてて素晴らしいですね。

1967 Fender Variable Delay Echo-Reverb Demo
An overview and demonstration of a 1967 Fender Variable Delay Echo-Reverb.

フェンダー(Fender Musical Instruments Corporation)は、レオ・フェンダー(Leo Fender)が1940年代に創業した楽器メーカーである。主にエレクトリックギター、アンプの製造を行っている。
[ 2013/10/02 00:32 ] Fender | TB(-) | CM(-)
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR