テープエコー博物館

テープエコーやエフェクターの話題
ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓自宅録音と自作楽器の紹介、録音機材、楽器の修理、DIY|自宅録音研究所と自作楽器研究所↓

テープエコー博物館 TOP > RE-501

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Roland RE-501 Chorus Echo

Roland RE-501 Chorus Echo(ローランド テープエコー RE-501)



RE-501なんてものがあるのか。

ヤフオクでよく見るのがRE-101、RE-201あたりで、RE-301となるとちょっと高くなりそうという感じである。

持ってもいないものを記憶だけで書くと、RE-101がただのテープエコー。RE-201はスプリングリバーブ付き。RE-301がコーラス付き。

RE-501は見たことがないが、動画を見るとコーラス付きのようだ。たぶん、番号が上になるほど高くなるのだろう。

ところで、テープエコーでは気になるのはメンテナンスだが、意外と換えのテープはヤフオクで売っている。

交換テープ

テープエコーは大好きだが、これを買ってしまうといかにも金あまりの日本人がレトロ機材を集めて趣味っぽいDubをやってる感じになりそうで、あえて買ってない。あえてなくても高くて買えないが。

ディレイはSDE2000あたりがクールじゃないかな。マッド・プロフェッサーみたいで。フィードバックをあげても、音が劣化してしゅわしゅわしたりしないので、安易に面白くならない所がクールである。

Roland RE-501 Chorus Echo(ローランド テープエコー RE-501)
スポンサーサイト
[ 2013/04/24 20:51 ] Roland RE-501 | TB(-) | CM(-)
無料小説
こちらでホラー小説を連載しています。
アドセンス
全記事表示リンク
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。